失敗しない矯正歯科医院の選び方

 .

矯正歯科治療を選ぶポイント

失敗しない矯正歯科治療選びのポイント

世の中には、多くの矯正歯科治療を行う歯科医院がありますが、矯正歯科治療に興味があってもどの医院に行ったら良いかが分からないという患者さんが多いのが現状です。

このサイトは、私自身の矯正歯科治療体験者としての経験と、矯正歯科治療の専門医という立場から見て、安心して矯正治療を受けられる医院の選び方をご紹介する目的で立ち上げました。
東海、知多、常滑エリアの歯並びに悩む患者さんが、より良い矯正歯科治療を受けるきっかけになれれば幸いです。

矯正歯科治療は保険が効かないので高額な上に一旦治療がスタートしてしまうと、他の歯科医院に転院する場合、料金を引き継ぐことができません。また担当する歯科医師によって治療方針が全く違うケースもあります。

後悔しないために安易に「通いやすいから」とか「安いから」といった理由で選ぶのではなく、より良い矯正歯科治療、満足できる矯正歯科治療を受けられる歯科医院を選ぶことが大切です。
ぜひご自身にあった矯正歯科医院を選ぶ際の参考にしてください。

 

 

     
 

ポイント1 その歯科医院は矯正歯科の専門医院ですか?

矯正歯科治療を行う歯科医院には3つのパターンがあるんです。

  1. 矯正専門医が常勤で治療する矯正専門の歯科医院
  2. 矯正専門医をアルバイトで雇う歯科医院
  3. 矯正専門医でない院長が治療を行う歯科医院

初めての人にとってはどれがいいのかわからないと思うのではないでしょうか。

実は、現在の日本の法律では制限がないため、歯科医師の免許さえ取得できれば、誰でも「矯正歯科」の看板を掲げることができるんです。しかし、矯正歯科治療を行うために必要な知識は、長期的な研修や治療経験を重ね何年もかけて身につけていくものなので、簡単に手に入るものではないんですね。
矯正歯科治療を専門に行っている医院なら、院長である歯科医師は矯正歯科専門の知識を身につけています。虫歯などの一般歯科の治療をせずに矯正歯科治療のみで開業しようとしている以上、それなりの自信と真剣さはあるはずなんです。

 

以下はそれぞれの歯科医院の良い事、悪い事、総括を記載した一覧表です。

 

 

1,矯正専門医が常勤で治療する矯正専門の歯科医院

2,矯正専門医をアルバイトで雇う歯科医院 3,矯正専門医でない院長が治療を行う歯科医院
良い事 ●矯正専門医の治療をゆったりと受けられる。
● 矯正治療に関して、専門的な知識と技術がある。
●矯正専門医が常勤しているため、適切な急患対応がいつでも受けられる。
●最初から最後まで、同じ先生が責任もって治療してくれる。
●スタッフも矯正の知識、技術に優れる。

●矯正専門医の治療を受けられる。
●矯正治療に関して、専門的な知識と技術がある。
●虫歯治療も同じ医院でできる。

●いつも虫歯を見てくれている院長先生が矯正も担当してくれる。
●急患対応がいつでも受けられる。
●最初から最後まで、同じ先生が治療してくれる。
●料金が比較的安い

悪い事

●虫歯の治療はしない。虫歯になったら連携歯科医院まで治しに行く。面倒に感じる人もいる。
●料金が比較的高い。
●各地域に1件か2件しかないので、遠方になる場合がある。

●アルバイトなので、月1回〜2回しか矯正治療日がない。(都合が会わなければまた来月…)
●治療日にすべての患者さんが集中するので、治療が雑になりやすい。
●治療日以外は適切な急患対応が受けられない。(治療日までは痛くても我慢)
●アルバイトなので、矯正医が途中で変わる。治療の引き継ぎがうまくいかない事も多い。
●料金は院長と矯正医二人の取り分が必要なため比較的高い事が多い。

●知識と技術は専門医に比べると劣る。
●独学の先生がほとんどなので、治療方法や診断に偏りがある。(矯正治療には沢で治すのは難しい。)
●『うちで治療できるのはここまで』で治療が途中で終わる事がある。(その後他院で治療を再開しても、料金は最初から必要になる。)

☆自ら『自分は矯正専門医では無い』という先生はいない。患者さん自身が調べる事が大事。

総括

●料金さえクリアできれば、矯正治療に関しては何も悪い事はない。メリットしかない。
先生との相性があるので、矯正専門医院を何件か見るのもOK。
●虫歯治療も周りの歯科と連携している事が多いので、面倒ではあるが心配はない。

●矯正専門医の治療を受けられるが、やはり月1回〜2回の治療日に限られるとデメリットの方が多い。
●当たり外れがあり途中で辞める矯正医がほとんどだが、良い矯正医と責任感のある院長であれば、問題ない。
●矯正治療は長くかかり、その間ずっと通院しないといけない事を理解してなくてはいけない。

●やはり治療方針方法に偏りがある場合がほとんどで、最後まで治せない患者さんも出てくる。この患者さんは自分で治療できる。この患者さんは専門医院に紹介する。といった先生は信頼できる。
●ただただ安いからといって治療を始めるのは要注意。(『高かろう、良かろう。安かろう、悪かろう』を理解するのが大事。)

ここでの矯正専門医は日本矯正歯科学会認定医の先生を意味します。
日本矯正歯科学会とは、日本で一番大きく由緒正しい矯正歯科学会であり、その認定医を取得することは難しく、限られた先生しか与えられない資格です。

 

 

矯正治療を手がける歯科医院は20,000件以上でその中で日本矯正歯科学会の認定医は3,123人しかいません。
愛知県には166名の認定医がいます。
ちなみに、知多、東海市、常滑市に矯正専門医は2名しかいません。調べてみてください。
☆ 〇〇歯科・矯正歯科と標榜している歯科医院でも、矯正歯科の専門医の資格を持ってない院長はたくさんいます。自ら『自分は矯正専門医の資格をもっていない。』という先生はいません。患者さん自身が調べる事が大事です。

☆ あくまで傾向と対策の話ですので、専門医の資格を持ってなくても、上手な先生はいます。ただ、資格を持っている先生に、下手な先生はいません。

ポイント2 矯正歯科の認定医は歯科医師の中のわずか3%

日本に約10万人いる歯科医師の中で日本矯正歯科学会の認定医という資格を持っている歯科医師は、全体のたった3%。数にして約3000人しかいません。実際には、一人の矯正歯科の認定医が何か所かの歯科医院に出向き、月に1回程度で診療していることが多いので、その数倍あります。

しかし、月に一回程度の診察では、時間的に質が下がってしまうのが現状です。
日本矯正歯科学会の認定医というのは、矯正治療の分野において日本で最も権威のある「日本矯正歯科学会」という組織が試験を行っています。

誰でも、矯正歯科を標榜することが出来る日本ですが、客観的に歯科医師の能力を判断して、「この歯科医師は矯正歯科のプロである」ということを証明しているので「自称」矯正歯科のプロではないんです。

認定医を持っている歯科医師かどうかは、
日本矯正歯科学会のHPで確認することができます

日本矯正歯科学会_認定医・専門医名簿一覧

ポイント3 矯正歯科専門医にしか取れない資格があるのをご存知ですか?

実は、矯正歯科専門医にしか取れない資格があります。
この資格によって、国が定める先天性疾患の患者さんに対する矯正歯科治療を保険適応で行うことができるようになります。もちろん、難症例となるので、専門医でないと対応が出来ません。

矯正歯科専門医がいる専門クリニックの多くは指定自立支援医療機関、顎機能診断施設として、厚生労働大臣が定める施設基準に適合している歯科矯正診断施設となります。


この指定自立支援医療機関、顎機能診断施設と表記してある歯科医院には、国から認められた矯正歯科専門医が必ずいます!

この表記がある歯科医院を選ぶと間違いないです。


以下のような基準をクリアしないと認定されません。

厚生労働大臣が定める施設基準

  • 更生育成医療を行うために必要な設備および体制を有している。
  • 矯正歯科において、適切な医療機関における研究従事年数が(歯科では)5年以上である。
  • 研究態様と口蓋裂の歯科矯正の臨床内容と関連が認められる。
  • 矯正歯科を標榜している。
  • 関係学会(日本矯正歯科学会および日本口蓋裂学会に加入していること)

厚生労働大臣が定める以下の疾患を起因とした咬合異常の矯正治療について保険が適応されます。

唇顎口蓋裂 / ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む) / 鎖骨・頭蓋骨異形成 / クルーゾン症候群 / トリーチャーコリンズ症候群 / ピエールロバン症候群 / ダウン症候群 / ラッセルシルバー症候群 / ターナー症候群 / ベックウィズ・ウィードマン症候群 / 尖頭合指症 / ロンベルグ症候群 / 先天性ミオパチー / 顔面半側肥大症 / エリス・ヴァン・クレベルト症候群 / 軟骨形成不全症 / 外胚葉異形成症 / 神経線維腫症 / 基底細胞母斑症候群 / ヌーナン症候群 / マルファン症候群 / プラダーウィリー症候群 / 顔面裂 / 筋ジストロフィー / 大理石骨病 / 色素失調症 / 口−顔−指症候群 / メービウス症候群 / カブキ症候群 / クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群 / ウィリアムズ症候群 / ビンダー症候群 / スティックラー症候群 / 小舌症 / 頭蓋骨癒合症 / 骨形成不全症 / 口笛顔貌症候群 / ルビンスタイン-ティビ症候群 / 常染色体欠失症候群 / ラーセン症候群 / 濃化異骨症 / 6歯以上の非症候性部分性無歯症

自立支援医療の利用者負担について

自立支援医療は、健康保険が適用となった上、さらに患者さんご本人または世帯の所得状況に応じて、患者さんの月額あたりの自己負担額の上限が設定される制度です。
自己負担の上限や制度の詳細はお住まいの区市町村の保健所にお問い合わせください。

ポイント4 親身にコミュニケーションをとってくれる専門医院ですか?

矯正歯科治療というのは、長くお付き合いの続く治療です。先ほど述べたように、矯正歯科には専門医制度があります。また歯科医師の中には、大学院博士号を取得し「歯学博士」を名乗ってらっしゃる先生もいらっしゃいます。
肩書通りの経験を積まれている先生もたくさんいらっしゃいますが、実は、実際の矯正歯科の治療では、その肩書よりもその歯科医師の人柄や治療に対しての姿勢が重要になってきます。

  • ● 患者さんやスタッフ、業者さんに対する応対が丁寧か
  • ● 患者さんが納得のいくまで説明をしてくれるか
  • ● ホームページや媒体に院長の治療理念や方針が記されているか
  • ● 簡単な検査後に、考える時間を与えず矯正治療を異様に勧めてこないか
    (○日以内に矯正治療やるやらないの返事しないとお子さんが大変な事になる!と半分脅しの歯科医院もある)

などなど、ご自身の目で見て、話を聞いてしっかりと確かめる必要があります。
担当する先生と、上手くコミュニケーションがとれないと、折角、時間とお金をかけた治療なのに、嫌な思い出や、不満が残るといった残念な結果になってしまう可能性が高くなります。
ですから、最初の矯正相談から親身になってしっかりとしたコミュニケーションをとってくれる歯科医師を選びましょう。

歯科医師の説明不足や、気になっていることがあっても話しかけにくい雰囲気や忙しい雰囲気で質問できなかったというようなことが積み重なると、せっかく笑顔になるために取り組んだのに、不満が残ってしまいます。
矯正相談の時点で以下の内容を分かりやすく説明してくれるかどうかを判断基準にしましょう。

使用する装置、治療期間、料金、通院頻度を具体的に説明してくれるか

どんな素晴らしい矯正装置でもそれを正しく使うことができなければ、治りません。
装置の取り扱い方や注意点を説明してくれるのは、患者さんにとっても最も重要なことです。

・1日何時間ぐらい使用するものなのか?
・どのぐらいの期間使用するものなのか?
・その間の通院頻度はどのぐらいの通院頻度なのか?
・料金は装置1つ1つに装置料を支払うのか?それともセット料金なのか?
・1回の治療ごとに調整料はかかるのか?
・治療以外にも、検査や診断などでも料金がかかってくるのか?

などなど、後々のトラブルにならないためにも、理解出来るまでしっかりと歯科医師に確認をしておきましょう。

気軽に質問ができる雰囲気か

院長が忙しすぎたり、バタバタとしている医院では、質問しづらい雰囲気になります。

そして、患者さんは、本当は心の中で引っ掛かっている疑問があっても、そのままにして帰ってしまうことが実はかなりあるんです。でも、それを繰り返しているうちに、コミュニケーション不足を感じてきます。

「治療方法が当初思っていたものと違っていた」「こんなに治療期間が長いとは思ってなかった」「こんなにしゃべりにくくなるとは思ってなかった」
などなど、最初は些細な疑問だったとしても、それがのちに大きなストレスになってしまうことだってあります。心配なことを気軽に質問できて、親身になって答えてくれる、教えてくれる先生が理想的ですよね。

お子さんの矯正治療相談でも、お子さん自身と意思疎通をはかり、
治療したい気持ちを確認してくれるか

「 大切な子供の歯並びを治してあげたい 」
そう思うのは親として当然のことだと思います。
でも、親御さんがいくら真剣に取り組んでも、お子さんが矯正歯科治療をしようという気持ちにならない限りは、良い結果は絶対に生まれません。
嫌がる子供に無理やり矯正治療を開始しても、結果は目に見えているんです。
矯正歯科治療というのは、本人の意志が少なからず必要になります。
取り外せる装置を自分で使用する必要があったり、取り外せない装置の場合、自分で歯磨きを念入りにしないと、虫歯にもなってしまいます。
そのため、治療を受けるお子さん自身が「治りたい!」とか、「歯並びを良くするのが楽しい!」という意思が必要不可欠であり、それをしっかりと確認してくれる歯科医師を選ぶことがとても重要なんですね。
良い矯正歯科治療は、良い医院選びからはじまります。
一生に一度、行うかどうかのとても大きな治療です。
安易に決めず、矯正歯科専門医院かどうか、対応や接遇はどうか、信頼できるかどうか、などなど、ぜひ慎重に選んでいきましょう。